痩せる食べ方!痩せるには運動と食べ物は夜抜きダイエット

痩せる食べ方!痩せるには運動と食べ物は夜抜きダイエット

たべかた
日ごろのダイエットにおいて、〜ダイエットという方法がたくさん出回っていますね。
ダイエット方法をみるとたくさんありますが、実はダイエットはどれもやる事は一緒です。
ダイエット自体、摂るエネルギーよりも出ていくエネルギーを大きくして痩せようというものですから、
あとは、その方法法をどうしていこうか?というだけですね。
そうしますと、極論、食事の食べ方とエネルギー消費の運動はどうしていこうか?というだけのお話です。
確かにダイエットの考え方は難しい部分はありますが、食事と運動のバランスで痩せるのであれば、
あとは自分にあう方法を見つけるだけですね。
このサイトではダイエットの基本tも言える、痩せる食べ方と運動方法について説明していきます。

 

痩せる食べ方!痩せるには運動と食べ物は夜抜きダイエット

 

世の中にはいろいろなダイエットがありますね。
そん中でもかならず気を付けなければいけないのが食事や食べ方についてのお話しです。
このサイトではダイエットの基本中の基本にある、食事の食べ方や運動についてのお話しをしていきます。

 

食事の仕方で体重の減り方が変わる?

最近ダイエットを行っている方々はみなさん熱心である事と情報がつかみやすい世の中になっている事から、ダイエットに適した食事や食材などは勉強されている方が多いですね。
しかし、その勉強した食事も食事のとる順番や食べ方によって体重の減り方に影響を及ぼす事があります。
ここではその内容を説明していきます。

 

まず食事内容で気を付けていきたいのが、糖質の摂取です。
みなさんもご存知のように、糖質の摂取によって脂肪が増えていく事になります。
普段の食事でもこの糖質には気を付けている方が多いとは思いますが、人の脳や臓器はこの糖質をもとに動いているため、糖質カットをしてのダイエットの場合は人によっては無理があり継続性が難しい為、多少なりとも炭水化物などで糖質の補給はしていると思います。
しかし、できればこの糖質はなるべく吸収したくはないところ。
そこで、糖質を摂取したとしてもy食べる順番さえ工夫すれば脂肪増加を抑える効果がある事をご紹介します。

 

コツは、食事の食べる順番で糖質は最後に食べるという事です。
私たちの体は、食べた順番によって栄養の球種効率が変わると言われています。
食べる順番が速い方が吸収率が良く、後になるほど吸収率が落ちてくるという事です。
和食に例えて食べる順番を説明すると、最初は野菜や汁物から食べる事が良いでしょう。野菜から食べる場合は特に生野菜から口にして、ビタミンやミネラルをたくさん吸収させていきます。そして汁物を口にする事で血糖値を緩やかに上昇させて、脂肪増加の要因となるインスリンの分泌を抑えていきます。その後に副菜や主菜です。この時に酢のものがあると酵素補給にもなるので有効です。また、主菜にお肉があれば、、タンパク質を吸収できます。このタンパク質は筋肉をつくる栄養で基礎代謝量を向上させてくる役目があります。そして、最後に糖質の多い炭水化物を口にします。
炭水化物を最後にする事で、吸収力は落ちているので、脂肪増加しにくくなるという仕組みです。更に欲を言いますと、できれば、全体の食事を30分以上かけて食べる様にしていきましょう。そうする事で、満腹感が出て、物足りなさがなくなります。

 

これが脂肪を増やさないためにする食事の順番です。
糖質だけに捕らわれがちなダイエットですが、実際は食べる順番にも左右されるので、このあたりも注意して更にダイエット効果を得られるようにしていきましょう。

 

また、サプリを併用する場合はこちらのダイエット中に食事を食べ過ぎたらおすすめサプリを参考にしてみるのも良いでしょう。

ダイエット中の運動は実はこうすると効果的

ダイエットで有効な運動と言えば、有酸素運動ですね。
この有酸素運動も脂肪燃焼の始まる時間や、運動量、負荷の大きさなどは知られるところ。実は、本当に大事な事はフォームや呼吸によるという事をご存知でしたか?
運動の内容自体はよくありますが、フォームを正しくする事できちんとしたエネルギー消費や負荷が行われます。人のからだはなるべく楽をするように作らているため、フォームや呼吸に意識をしないで続けていると、疲れた頃に楽な姿勢へと自然となる関係でエネルギー消費量や負荷が軽くなってしまうのです。
その為、運動をする際は、まず正しいフォームを常に意識して、かつどの部位を動かしているのか?も意識できていると良いですね。

 

ジョギングの時はフォームを気にしながら走る事で普段の生活から姿勢がよくなります。それだけ姿勢が良くなるための筋肉も鍛えられているという事と、筋肉がついて普段のエネルギー諸費量も上がっているという事です。

 

これは筋トレにも同じ事が言えて、正しいフォームで鍛える事で、負荷がかかるべき部位に負担がかかり筋肉のトレーニングになるのです。
このフォームがズレテいると、ほかの筋肉でも補助している事になり、負担が軽くなったり、場合によっては負荷のかかり方が関節などに集中して怪我をしてしまう場合もあります。
正しいフォームは正しい筋肉への負担がかかる事にもつながり安全面も向上するので注意して行うようにしていきましょう。

 

また、呼吸も大切です。
トレーニングにおける呼吸の意識は体幹や腹筋を正しく鍛える事になります。
体幹や腹筋が正しく鍛えられる事で、エネルギー消費量が増え、基礎代謝も上がり、普段の脂肪燃焼も各段に向上していきます。
フォームと呼吸、この二つが実は運動の回数や時間よりも大切にしなければいけないポイントなのです。

 

まとめ

ダイエットは多くの方が実践していて、多くの方がリタイヤしてしまうものです。その中でもせっかく始めたダイエットだと継続的に今季強くおこなっている方もいるでしょう。そうした方は特に慣れてきて見落としがちな基本動作というものを再度見直す事で、今まで以上のダイエット効果を得ていただきたいのです。
ポイントは食事の順番とフォームと呼吸。たったこれだけを意識すれば今よりも、スタイルが良くなるのであれば、とても簡単な事ではないでしょうか?

更新履歴